teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


よかった(笑)

 投稿者:風右衛門  投稿日:2006年 2月 9日(木)10時54分14秒 0x3dc4c1a8.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  「東宝」企画、
万一たこやま氏の文章だったら、
「おい、それはねえだろう」
「おい、あれもこれも、はしょりかい」
「水飢饉のダムのような浅さだ」
と、嘆くところでしたよ。
よかった。

ご活躍、応援しています。
万一のツッコミ、あるやもしれませんが(笑)。
ないない、ご安心を。
 
 

函館ワン・ニャンレスキュー

 投稿者:たこやま  投稿日:2006年 2月 9日(木)10時00分14秒 0x3d2cad63.rev.ncv.ne.jp
返信・引用 編集済
  朝から関連のTV番組が放映されていた。

たしか、この団体の発足直後に、
今は亡き「Shanしゃん」紙面で活動を紹介したなぁ。

アパート住まいでは犬猫と暮らすのは難しく、
私の家では亀がやっとなのですが、
それにしてもマメに水槽を洗ったりするのは面倒なことです。
ましてや、小動物と暮らすには相当な覚悟がいることでしょう。

私たちは、生きているものの尊さを学び直す必要があるのだと思いました。

函館ワン・ニャンレスキューの活動が広がり、
みなさんの願いや思いが一日でも早く成就することを祈ってます。
また、このようなテレビ番組を企画制作された関係者、
とくにリアルグロウ浅野裕美さんの努力に敬意を表します。

私たちのシゴトは、やはり、幾分かでも社会還元をしてナンボだと思うのです。

http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/kikaku/support/dantai/282.htm

 

お元気でなによりです。

 投稿者:たこやま  投稿日:2006年 2月 9日(木)09時42分57秒 0x3d2cbfae.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  ご無沙汰してます。
私はめっきり活躍していません。

道新広告企画「東宝」は、私の文章ではありません。
どなたのご執筆かもわかりません。

残念ながら、私はあまり映画に思い入れがなくて。
 

久しぶりに覗きました

 投稿者:風右衛門  投稿日:2006年 2月 8日(水)16時01分26秒 0x3dc4c372.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  ご無沙汰しております。
ご活躍のことと存じます。

私はすいません、
生きていました。
意外と元気で。

今日はひとつ、
たこやまさんに質問なのですが、
数日前の道新の広告企画「東宝」は、
あなたの取材・文によるものでしょうか。
それとも他の方によるものでしょうか。

もしよろしければ教えてください。
 

小樽至る。

 投稿者:たこやま  投稿日:2006年 2月 6日(月)09時26分30秒 0x3d2cbeca.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  日曜日、引っ越し完了。
とにかく、すごい雪で雪で雪で雪で雪で雪で。
蘭越を過ぎたころから降雪が激しくなり、稲穂峠で視界0メートル。
小樽市内まで、その状態が続く。
何台もの乗用車やトラックが、うずたかい雪の山に突き刺さり、障害物とかしていた。
しかも、ほんの数メートル先に近づいてようやくその存在を知るというもの。
行きに6時間、帰りは5時間。
とにかく無事に往復できて良かった。
 

生きること、死ぬること。

 投稿者:たこやま  投稿日:2006年 2月 6日(月)09時15分52秒 0x3d2cbe35.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  老いを見つめること、自らが老いること、生に出逢い死を見送ること。
そのときどき、人は深く考え悩み、ときにうろたえる。
思う。生や死は、私たちに託された襷のようなものなのだと。
幸も不幸も生き様という汗を染みこませ、懸命に走り抜いて継ぐ者へと手渡す。
そういうものなのかなぁ、と。

ご母堂様のご冥福をお祈り致します。
 

お星様に…

 投稿者:しじみのカアサン  投稿日:2006年 2月 4日(土)09時44分24秒 0x3dc4c014.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  たこやまさん、慣れるまで、寂しいでしょうが、頑張ってください。
1月28日の夜、私の母が先にお星様になってしまいました。
我が家は夫の母の事も心配なので、私と札幌にいる娘で葬儀に参列
してきました。

姉や弟の所にも孫が居て、「おっきいばあちゃんはどうなるの?」と
聞くのでお星様になって、お空へいくんだよ…と答えたら、「ふ~ん」と
不思議そうな顔をしてましたね。
葬儀を行ったセレモニーホールは子ども達には、広くて格好の遊び場、
上は4年~1才まで、4人いたのですが、始るまでは運動会状態でした。
我が家の孫も連れて行きたかったのですが、長時間のJR移動なので
やめました。
母には写真しか見せてなかったのが、今は、チョッピリ悔やまれます。
親孝行、したいときには親はなし…そのとおりですね。
 

お知らせ。

 投稿者:たこやま  投稿日:2006年 2月 2日(木)18時13分54秒 0x3d2cb994.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  来週から、またカミさんと別居となります。
1年と少しの同棲生活でした。

こんどは函館市と小樽市、240kmの遠距離となります。
赴任先の北手宮小学校は、雪まつり(雪像づくり)の発祥として知ら、
めちゃくちゃ急な坂の上にあります。

つくづく小樽は坂だらけ。

ということで、小樽に拠点ができましたので、
後志管内も取材対象となります。お気軽にご依頼ください。
 

図書館へ行ったら、

 投稿者:たこやま  投稿日:2006年 2月 2日(木)18時00分56秒 0x3d2cb994.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  渡辺さんに会った。
月に7日しか函館にいないんだって。
 

株か。

 投稿者:たこやま  投稿日:2006年 1月31日(火)08時53分55秒 0x3dc4c1a9.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  個人投資家の皆さま、ご愁傷さまでした。

まぁ、借金も財産と申しますから。
その旺盛な経済活動に経緯を表します。

あたしゃ、投資を考えるほどの小金さえもなくて幸せでした。
 

健康はつくるもの。

 投稿者:しじみのカアサン  投稿日:2006年 1月18日(水)21時32分42秒 0x3dc4c017.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  テレビでも、ラジオでも良くいってますよね。
本当にその通りだとは思うのですが、解っていてもできない事って
ありませんか?
無理だと解っていても、引き受けざるを得ない事が、結構多いのです。
今回も、いい年のオバサンが、到底無理だと思われることを、引き受けて
しまいました。

家族にも迷惑をかけ、自分の体力も消耗し、なんでこんな事をやらなければ
いけないんだろう…と、自問自答の毎日です。
でも今更後には引けない…。すでに、ポスター、チラシも発注済み。

せめて残された時間は、楽しくやらなくちゃ…。
やっぱり好きで始めた事なんだから…と、思い直して書類を見ています。

たこやまさん、せっかくナイショで教えてくださったのに、4月16日まで
大忙しの毎日になってしまいました。すみません。
できるだけ手抜きをしながら、息抜きもしながら、やっていきたいです。
 

健康とは無尽蔵ではない。

 投稿者:たこやま  投稿日:2006年 1月15日(日)13時42分58秒 0x3dc4c084.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  と、今さらながら痛感しています。
かつ、健康は自分でつくるものだとも。

主治医に言われたのですが、
天明の飢饉を乗り越えた日本人は、
粗食には強いが欧米的な食生活では長生きできない構造なのだと。
その点、あなたの遺伝子は完璧に貧乏体質で、
現在のままの食生活では確実に淘汰されますよ。
このままなら。

そんな話を診察のたびに聞かされてます。
おもしろい医者です。

しじみのカアサンもお大事に。
まずは体力。

ちなみにアドバイザー講座は、正式参加でなくとも、
こっそり覗くこともできそうな感じですよ。
 

アドバイザー養成講座

 投稿者:たこやま  投稿日:2006年 1月15日(日)13時32分45秒 0x3dc4c084.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  開催日 2006年1月28日(土)・29日(日) 全2回
場 所 函館山ロープウェイ施設/FMいるか/函館市公民館
主催者 NPOサポートはこだて (協力/FMいるか)

イベント内容
現在、函館を含む道南地域には様々な市民活動団体が存在しています。
しかし、その多くが活動内容を広く市民に伝えられずにいるという課題があります。
今回、NPOサポートはこだてが主催する「平成17年度アドバイザー養成講座」は、
市民活動団体や一般市民を対象として、物事を伝えるために必要な知識や考え方を学び、
「伝え手」としての専門技術を養成する講座です。
尚この講座は、市民活動をされている方はもちろん、
一般市民の方も参加できますので、興味のある方はお申し込みください。

【参加料】無料
【募集定員】20名
【応募の締め切り】1月22日(日)
※2日間とも参加できる方に限らせていただきます。

【講座内容】
第1回 2006年1月28日(土) 午前10時~午後5時
●講義 「伝えることの意義」 ~地域FM放送を通して~
      講師/杉田圭夫(FMいるか局長)
●見学 「街なかJAZZコンサート」
●講義 「何をどう伝えるか?」
      講師/高山潤 氏(ものかき工房/フリーランスライター)

第2回 2006年1月29日(日) 午前11時~午後4時30分
●実習 「伝えるための技術を学ぶ」 ~放送で話すための基礎~
      講師/杉田圭夫(FMいるか局長)
●実習 「番組制作体験」 ~企画から放送まで~
      講師/FMいるかスタッフ

お申し込み FMいるか 0138-27-3700 (アドバイザー養成講座 担当)
 

長かった…

 投稿者:しじみのカアサン  投稿日:2006年 1月15日(日)00時32分1秒 0x3dc4c015.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  今週になりようやく風邪も回復してきました。年のせいか、一度かかると、
すごく長引きます。
たこやまさんは、若さですっかり回復していらっしゃるでしょうね。
「いるか」のイベントのコーナーで、お名前拝見しました。
時間があったら勉強させて頂きたいのですが、2日間受講できる方…と、
言う事で、今回はちょっと無理なんです。残念。
自分の気持ちを思いどおりに伝える事ができたら、どんなに素敵でしょう。
たくさんの方が参加されますよう願っています。
 

「どうせ」という感覚

 投稿者:たこやま(高山潤)  投稿日:2006年 1月 8日(日)11時37分38秒 0x3dc4c1fe.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  函館新聞(2006年1月8日付)
コラム「臥牛山」より(1面記事最下段)

<ここから引用>----------

函館市の広報1月号に、市民から寄せられた昨年の「市長への提言」が紹介されていた。主な提言内容として28。勝手に「どうせ要望ばかりだろう」と思っていたが、中には「その通り」「ぜひそう考えるべき」と共感を覚える話が幾つかあった

<ここまで引用>----------

多くの新聞記者は、「どうせ」こんな感覚なのだ。

(N)と署名した記者は、「どうせ」、函館市のことも市民の活動にも、
きっと心底からの感慨など持ったこともないのだろう。
この町でおこるあらゆる事象は、どれもみな単なるシゴトの対象であり、
(N)記者の暮らしや将来には、なんの影響もないのだろう。
絶対安全地帯からの「どうせ」という一言。
どうせ函館だし、どうせ一般人だし、
どうせ俺のような高尚な考えを持つはずがない。
そんな感じ。

ご立派、エリート。

(N)という記者の生命は、この「どうせ」の一言で終わったな。
よかったね、匿名で。
道新よりも身近な新聞というイメージを持たれている「函館新聞」もまた、
「どうせ」一派のマスコミであったということである。

残念なことである。
 

点滴

 投稿者:しじみのカアサン  投稿日:2006年 1月 6日(金)22時46分27秒 0x3dc4c015.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  たこやまさん、ありがとう。復調されて良かったです。
あれから病院へ行き、点滴を受けてきました。
クスリも何種類も出ました。
明日、もう一度、点滴に行きます。その方が治りは
確かに早いです。
でも、体を休めるのが一番の特効薬!!。
今の私にはその時間が無く、それでいつも長引くのです。
風邪は万病の元、お互いに気をつけましょう。
たこやまさんもお大事にね。
 

復調

 投稿者:たこやま  投稿日:2006年 1月 6日(金)19時35分32秒 0x3dc4c0e1.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  どーも。ようやらさっと下痢が治りました。
風邪なのか呑みすぎなのか、もうなにがなんだか、
ずぅっと腹が痛かったです。
しじみのカアサンもお大事に。
 

如何ですか?

 投稿者:しじみのカアサン  投稿日:2006年 1月 6日(金)10時00分8秒 0x3dc4c015.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  たこやまさん、高熱と、お腹に来る風邪のようですね。
お正月早々、大変でしたね。だいぶ回復されてきましたか?
水分だけはドンドン、補給なさった方が良いですよ。(アルコール抜きで…)
お大事になさってください。

私も年末からの風邪が長引き、熱は微熱程度なのに、昨日は
ほとんど声が出ない!孫を叱りたくても声が出てこないと
いう状況でした。喉が痛いのと鼻水、鼻づまりがヒドイです。

今日から保育園が始ったので、孫を、預かってきました。
これから病院へ行って来ます。早く治しましょうね。
 

熱は

 投稿者:たこやま  投稿日:2006年 1月 4日(水)12時55分22秒 0x3dc4c1fe.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  ようやく下がる。最高値39度2分。
現在、30日から続く下痢に苦しむ。
 

今年も

 投稿者:たこやま  投稿日:2006年 1月 1日(日)14時49分10秒 0x3dc4c1db.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  正月元旦から風邪ひき。38度4分。腰が痛いし。  

ゆく年

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年12月31日(土)17時30分7秒 0x3dc4c043.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  きてしまう年。
だから、まぁ、マジメに働こう。
 

大はしゃぎでした。

 投稿者:しじみのカアサン  投稿日:2005年12月27日(火)14時15分32秒 0x3dc4c017.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  25日の朝、目を覚ましたとたんに「ワァーッ!!サンタさんのプレゼント!!」と
けたたましい(?)声に起こされました。
「ばあちゃん、プレゼンとあったよ!!」と目をまん丸くして報告に来ました。
嬉しくて声のトーンは上がったまま。前日にも、私の友人や、知人からもプレゼントを
頂いていたので、孫の周りはプレゼントでいっぱい!!
その日は1日、アンパンマンのレジスターでお買い物ごっごと、ぽぽちゃん人形で、
お母さんごっこに付き合わされました。
今週末から保育園も、6日間お休みになります。休みの間はずーっと、この調子で
一緒に遊ばなければならないでしょう!!
体力をつけておかなくちゃ……。
 

電波系

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年12月26日(月)12時03分33秒 0x3dc4c0e0.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  ありゃ、聴いてましたか。
油断できないなぁ。

あの小芝居は、風呂に入りながら思いついた演出でした。
仕事でアルナシに関わらず文章を書くよりも、
ひじょうに無責任で気楽です。しゃべるのは。
 

公共の電波でのしこみ

 投稿者:かわむら  投稿日:2005年12月26日(月)10時28分42秒 SODfb-03p1-64.ppp11.odn.ad.jp
返信・引用
  僕も、FMいるかを聞きました。用意周到なボケ。最高でした。キングオブボケ!さすがです。  

どんな顔してましたか?

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年12月26日(月)09時21分20秒 0x3dc4c09f.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  最後にクリスマスのプレゼントをもらったのは小学校6年生でした。
ゲーム世代でしたので、ようやく手に入ったファミコン本体(四角ボタン)でした。
その前年はゲームウォッチ。
プレゼントをもらえるのが当然と思っていたなぁ。

ラジオ出演はシャレみたいなものですから。
でも、ちょっと、ふざけすぎたかなと反省。
 

FMいるか聴きました。

 投稿者:しじみのカアサン  投稿日:2005年12月24日(土)22時33分31秒 0x3dc4c016.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  今日のクリスマス特番に、ご出演なさってましたね。聴いていましたよ。
とっても落ち着いたお話ぶりとオチまで用意なさって…楽しかったです。
本当に食べられるの?と、思ってしまいましたもの。

今夜はクリスマスイブ、孫はサンタさんが来る!と信じて眠りにつきました。
今、枕元にそっとプレゼントを置いた所です。
明日の朝、目を覚ましたらどんな顔をするでしょうか?
 

生きる

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年12月21日(水)07時45分15秒 0x3dc4c07e.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  なぜ、人間は老いという現象に対峙してもなお生きていくのでしょうか。
老いること、老いを見つめることで、私たちは何を学べばよいのでしょうか。
人生はリアルな事象の積み重ねで構成され、その最たるものが老いではないかと思います。
そう言えば、年齢という物差しで測らずとも、父にも母にも老いが見えてきたような気がします。
それは体力的なものだったり、精神的なものだったり。
順々に、そして等しく訪れる現象であるのだなと思うわけです。
誰かの老いに触れたとき、私たちは老いについて否応なく考えることになります。
自分にも老いが確実に訪れるときのことを。
僕の家系は、長引くタイプとあっさり逝くタイプの血筋が混ざっていますので、
願わくば幕引きは落語のさげのようにいきたいものですが。
いずれにしろ、終わりの時まで懸命に生きることが、
生命をもつすべてのものに課せられた、もっとも尊い使命であると考えます。
生きる、生きているかぎり、すべての可能性は私たちの手中にあると思うのです。
 

あと、10日

 投稿者:しじみのカアサン  投稿日:2005年12月21日(水)00時09分36秒 0x3dc4c016.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  たこやまさん、今年も、残すところ10日となってしまいました。
先日のJR函館駅での「海藻アート展」行きたいと思いながら、
色々と用事が入りお邪魔できなかったです。ごめんなさい。

奇跡といえるかどうかは分かりませんが、どちらの母も、お陰様で
年を越せそうです。
夫の母は、時には自分の家族の顔や、毎日お世話してくださる
ホームの職員の顔も、忘れてしまいます。
今日は起きて居ると思うと、翌日は日中、眠っている…と、
いうような生活で、夕方から夜にかけては目が覚め、時には
朝まで起きているようです。

私の母は、時々、酸素吸入を外して、病院内を歩くリハビリを
はじめたそうです。体重が35,6㎏になってしまったので、
体力はかなり落ちて居るのでしょうが、ゆっくりでも歩けると
いう事はありがたい事だとおもいます。

こんな日常ですが、新しい年は、誰にでもやって来ますね。
来年こそは、良い年になってほしい!と願いながら、残りの
10日間を送る事にします。
 

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年12月16日(金)04時50分18秒 0x3dc4c0c0.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  今年も無事に「青函フェリー」カレンダーが完成。
関係者・各所に感謝。

野呂希一さんの写真、
敦賀浩さんのデザイン、
それと僕の文章。

残部ありますので、入手希望の方はご連絡を。

http://www.seikan-ferry.co.jp/

 

ニセコヒラフ

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年12月 7日(水)23時02分57秒 I006222.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
  冬山は油断できない。
適度の飲酒で良い気分だったのに、
ホテルへ帰るまでに寒くてすっかり酒が抜けちまった。

ニセコは、オモシロイ。
詳細は年末あたりの記事で。

http://www2.odn.ne.jp/monokaki/algal-art/

 

JR

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年12月 3日(土)15時14分38秒 I007086.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
  青森県から来るはずの列車が故障して、
津軽海峡の下、吉岡海底駅で立ち往生。

函館駅では昼ころから、遅れのアナウンスが流れ、
現在は駅構内にブルーシートが敷かれて、毛布が用意されている。

http://www2.odn.ne.jp/monokaki/algal-art/

 

ハコダテ海藻アート展2005(9日目)

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年12月 3日(土)07時06分31秒 0x3dc4c055.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  大雪。いっきに積もりましたな。
油断できないもんだ。

アート展もラスト2日。

写真は、海藻おしばミニ体験教室の様子。


http://www2.odn.ne.jp/monokaki/algal-art/

 

ハコダテ海藻アート展2005(4日目)

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年11月29日(火)01時31分28秒 0x3dc4c19f.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  4日目までで来場者数1151名。
会場がJR函館駅にあるために、来場者は全国津々浦々から。南は沖縄県まで。
海藻をテーマにした催事は、
「函館らしい」「ぴったり」という感想を多くいただく(アンケートより)。

それにしても、この会場(「イカすホール」)は素晴らしい。
正直言って、名称はどうかと思うけど、これもまた函館らしさか。
絶え間なく旅行者が行き来する駅に終日居座りながら、
函館は観光都市、観光で生きる街なのだと、改めて知る日々なのでした。

http://www2.odn.ne.jp/monokaki/algal-art/

 

祝開館

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年11月27日(日)23時34分2秒 0x3dc4c0d0.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  函館市中央図書館。
多くの市民が活用してこその「充実」。
期待してます。お世話になります。

http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/board_of_edu/lifelong_learning/library/index.html

 

ハコダテ海藻アート展2005(3日目)

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年11月27日(日)23時26分17秒 0x3dc4c0d0.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  すっかり、本業をそっちのけ。
おれ、大丈夫か。
明日からは会場でシゴトしようっと。

アート展、あと1週間ありますので。ぜひ、ご来場を。

無料だから。ね。30分くらいで見終わるからさ。

http://www2.odn.ne.jp/monokaki/algal-art/

 

ハコダテ海藻アート展2005

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年11月25日(金)02時04分54秒 0x3dc4c1cc.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  本日開催です。12月4日まで。
ドタバタと準備を終えました。
と言いつつ、たぶんこれから朝までかかって、
準備の残りを。

ねむいわ。

写真は開催前日の様子。

http://www2.odn.ne.jp/monokaki/algal-art/

 

まぁ

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年11月24日(木)19時08分54秒 0x3dc4c1fe.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  いずこにも、お高くとまった方はいらっしゃるもので。
ありがたく、勉強させていただきます。
 

25日から

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年11月24日(木)02時52分44秒 0x3dc4c180.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  2回目の開催となる「ハコダテ海藻アート展」が始まります。
会場はJR函館駅2階「イカすホール」。

開会中の10日間は、
「ものかき工房」の業務はアート展会場でおこないます。

ぜひ、仕事のご依頼がてらに、ご来場くださいませ。

http://www2.odn.ne.jp/monokaki/algal-art/

 

ハコダテ海藻アート展2005

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年11月23日(水)07時25分59秒 0x3dc4c175.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  11月25日(金)~12月4日(日)まで、
「ハコダテ海藻アート展2005」を開催します!

 海藻の持つ多様な色彩・形状・質感に注目して、創造が試みられているのが海藻アートです。優れたアーティストたちによる「海藻おしば(大型)」「海藻画」「海藻紙」、体験教室に参加した市民の皆さんの手による「海藻おしば(ハガキサイズ)」などの展示。さらに、今夏に開催された「海の環境シンポジウム」の様子を放映します。
 海藻アートの魅力と可能性について、海のこと環境のこと街のことについて、皆さんとともに発見して語り合うのがアート展開催の目的です。

◆開催日時:11月25日(金)~12月4日 午前10時~午後6時
◆会  場:JR函館駅2階「イカすホール」 【入場無料】
◆先着200名様に、海藻を原料にした「海藻紙しおり」をプレゼント。

◆展示作品
 ●野田三千代(海藻おしば大型作品/静岡県在住) ●川嶋昭二(海藻画/函館市在住)
 ●高橋誠子(海藻紙/宮城県在住) ●鈴木大有(海藻紙への書/函館市在住)
 ●市民参加(市立はこだて幼稚園/市立高丘小学校/体験教室参加者など)

◆海藻おしば体験ミニ教室
 年齢を問わずに人気の「海藻おしば」作りを無料で体験できます。各回定員6名、参加受付は当日会場での先着順です。
  >> 平 日:?14:00~15:00
  >> 土・日:?13:00~14:00/?15:00~16:00

◆主催者
函館海藻アート協会 NHK函館放送局 NHK北海道ビジョン
北海道新聞社函館支社 共同通信社 全国地方新聞社連合会 北海道
 

(無題)

 投稿者:鍛治のヤンママ  投稿日:2005年11月22日(火)23時43分59秒 0xd3086310.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  元気ですか?今、BBSみて忙しい時期と感じました。頑張ってくださいね。  

ハコダテ海藻アート展2005

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年11月22日(火)17時39分46秒 0x3dc4c1fe.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  【催事タイトル】
 ほっかいどう地球だい好き環境キャンペーン
 ハコダテ海藻アート展2005


【開催日時】
 11月25日(金)~12月4日(日)
 午前10時~午後6時


【主 催】
 函館海藻アート協会
 NHK函館放送局
 NHK北海道ビジョン
 北海道新聞社函館支社
 共同通信社
 全国地方新聞社連合会
 北海道
※主催団体が複数あるので、省略する場合でも「函館海藻アート協会・NHK函館放送局」の2団体は必ず記載してください。


【内 容】
 「海藻」をテーマにしたアート作品展です。今年で2回目の開催となります。全国のアート作家による「海藻おしば」「海藻画」「海藻紙」「海藻布」、さらに「海藻おしば体験教室」に参加した地元の子どもや大人の作品もたくさん展示します。また期間中は、ミニ海藻おしば体験教室も開催。その他、海のことや地球環境のことを学べるコーナーなども併設。さまざまな海藻が見せる不思議な魅力にひたってください。入場無料です。


 ◆より詳しい内容を確認される場合は、下記までお問い合わせください。
   函館海藻アート協会事務局(函館市昭和2-10-10-103 ものかき工房内)
    電話 0138-44-0855 FAX 0138-44-0866
    http://www2.odn.ne.jp/monokaki/algal-art/
 

奇跡がおきますように…。

 投稿者:しじみのカアサン  投稿日:2005年11月13日(日)01時16分10秒 0x3dc4c015.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  初雪が降り、急に寒さも増してきました。
我が家は、今、非常に厳しい状況になっています。
先月の中頃には、実家の母(87才)が誤嚥性肺炎で一時は
危ない状態になり、、紋別まで行ってきました。

ようやく回復して来たと思ったら、今度は娘が入院。
今月初め、日帰りで札幌まで様子を見に行き、帰宅したら孫が
風邪をひいて嘔吐と下痢。
さらに、主人の母(87才)が、脳梗塞を再発し、食事が
とれない状況になってしまいました。

孫も今は、元気で保育園へ行けるようになりました。
娘も来週中には、何とか退院できそうなのですが、
主人の母は回復が難しいようです。
何とか奇跡がおきますように…と、今は祈る毎日です。
 

国分寺から電話があった。

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年11月 3日(木)01時50分16秒 0x3dc4c178.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  ありがとう。

佐藤さん(サケン)、
水川さん(ユザワヤ)、
伊藤(迷い道くねくね)、
北原くん(水どう)、
秋山さん(お母さんによろしく)、
木村くん、
バカ(松岡)。
 

遅ればせながら。

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年10月28日(金)19時35分16秒 0x3dc4c1fe.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  ロッテオリオンズ、優勝ばんざい。  

業務連絡

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年10月27日(木)18時15分18秒 0x3dc4c1fe.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  元「じゃ」誌の後藤さんへ。
留守電で原稿依頼を確認いたしましたが、ご連絡先がわかりません。
再度、ご一報ください。
 

うにうにうにうにうにうにうにうに

 投稿者:栃東  投稿日:2005年10月27日(木)03時11分42秒 i218-47-138-230.s02.a001.ap.plala.or.jp
返信・引用
  たこやまさん。ロッテの優勝おめでとうございます。
ビールは身体にも良くありませんので,奥尻でウニを浴びるほど食べてきてくださいね。
 

今日から

 投稿者:たこやま  投稿日:2005年10月25日(火)05時45分32秒 0x3dc4c1d9.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  金曜まで、奥尻。
でも、飛行機が欠航しそうなんだけど。
さて。
つーか、出発までに原稿を書き終えられるのやら。
 

watabe@style6.com

 投稿者:nao  投稿日:2005年10月25日(火)02時09分10秒 nthkid093075.hkid.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  おひさしぶり。
最近、クチだけ男と呼ばれないためにそろそろちゃんとしようと思い、
とある活動を始める準備をしてます。
お時間あったら事務所によってくださいませ。
 

すごいです。・

 投稿者:鍛治のヤンママ  投稿日:2005年10月24日(月)22時10分29秒 0xd30863ae.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  国の華さんの件、ありがとうございました。実は、市立函館図書館に秘蔵されることになりました。歴史など明確でおきたいと・・・・ありがとうございました。本当に。うれしかったです。迷惑かけた仕事でしたが、やったかいがありました。お疲れさまでした。
ちなみに、韓国にいって、痩せ薬を見に行きました。全部買えば9万円といわれ、びびって帰りました。自然にダイエットが一番ですね。お金で買えないお金ないしっ・・・・
 

ささやかなしあわせ…

 投稿者:しじみのカアサン  投稿日:2005年10月16日(日)14時47分50秒 cachec.ncv.ne.jp
返信・引用
  孫の為に、今日は函館八幡宮へ七五三のお参りに行って来ました。
今は、写真やさんへ行くと、素敵な衣装が揃い、大人顔負けの
ヘアーメイクなどで変身させ、写真をとるようですが、我が家は
夫の母が、娘の3歳の時に揃えてくれた、着物一式がありましたので、
函館八幡宮も近い事だし、行ってきました。

朝早くに行った事もあり、他には誰も居なくて(多分、昨日までに
済まされたのでしょうが…)孫一人の為に、神主さんは、丁寧に祝詞を
上げてくださいました。
最初に、大きな太鼓の音が響き渡り、ちょっと、びっくりしたようですが、
全部終わって、千歳飴を頂き、大喜びでしたよ。

そのまま帯だけはずし、大きいばあちゃんの居るグループホームまで行き、
着いてから、また、帯を付けて皆さんにお披露目?してきました。
大きいばあちゃんは、今月初めからちょっと、体調を崩していたのですが、
今日はかなり良くなって、昔、自分が初孫に揃えてくれた事を思い出したのか、
目を細めて見てました。
他のおばあちゃん達も綺麗だね!可愛いね!と、ほめてくださって、孫は
得意満面……。

こういうものは、本当は数え年でやるらしいですが、昨年の今頃は、
家の中が、がたがたしていてそれどころじゃ無かったですし、こうして
お祝いできた事、ささやかですが、幸せだと感じました。
 

レンタル掲示板
/12