teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:26/559 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: シアワセそうなお顔…?

 投稿者:たこやまメール  投稿日:2009年 8月24日(月)14時03分25秒 62.27.102.121.dy.bbexcite.jp
  通報 返信・引用
  > No.570[元記事へ]

おカアサン、いつもありがとうございます。

やっぱり、僕は酒が好きなんですよ。
あの顔を見て(見なくても)確信しました(していました)。

このたびの病気発覚以後、おおむね素直な患者でありますが、
(ふつうの患者では起こりえないお騒がせは多々ありつつも)
禁酒に関しては、硬軟取り混ぜて激しく抵抗をいたしました。

たぶん、酒を断つことで、
数値的な健康を確実なものにすることができたでしょう。
しかし、健康もしくは健康的な生活は、
数値だけでは測れない部分も大きいと思うわけです。

どこかで、笑うことで免疫力が高まるって話を聞いたことがあります。
(民間療法とかじゃなくて。)
僕が付き合うことになった慢性高血糖症(2型糖尿病)は、
高カロリー生活(食べ過ぎ・飲み過ぎ)が巻き起こす病気ではありますが、
病気悪化の要因にはストレスも大きく影響します。

僕にとって、禁酒や断酒はあまりに高すぎるハードルです。
そんなハードルを目前に設置されたら、僕はたぶん背中を向けて逃げ出すか、
蹴り倒して前に進んでしまうでしょう。今まではそうでした。

だから、僕は医師と管理栄養士に泣きごとを訴えながら、
治療が無駄にならない程度の「譲歩」をいただく作戦をたてました。

もちろん、酒が飲みたいがための行為でしたが、
長く治療を続けるためには、
僕には(たまの)飲酒が欠かせないという判断でもあったわけです。

治療ってのは、
たぶん医師(の指示)だけで成立するものではないと思います。

医師に反発しろ、とか、現代医学を盲信するな、とか、
そういうことを言いたいのではありません。
患者として、きとんと「納得」をする努力が必要であると僕は思います。

まぁ、僕のようなぐうたらな病気だからこそ、
こんな呑気なことを言えるのかも知れませんが。


> 日ごろの涙ぐましい努力のお蔭ですね。

あのブログを書くことで発散してますから。
減食には慣れました。ただ、やっぱり酒は飲みたい。

> それにしても奥様のお料理の腕前はお見事でした!
> 私も見習わなくては…と思いましたよ。

めっそうもない。
たまに作るからですよ。たぶん。

http://www.monokaki-0138.jp/hakodate/

 
 
》記事一覧表示

新着順:26/559 《前のページ | 次のページ》
/559